龍ヶ崎カントリー倶楽部

コース

TOP > コース

コース全景

各ホールの詳細説明は、下記のホール番号をクリックして下さい。

コース竣工前の井上誠一氏が書いた設計図面。コースレイアウトは、それに着彩して表現しています。

コースヤーデージ情報

Oグリーン(OO7)

HOLE CHAMPION
TEE
REGULAR
TEE
FRONT
TEE
GOLD
TEE
LADIES
TEE
PAR HD
CP
1 419 399 379 374 334 4 9
2 574 536 514 504 464 5 3
3 182 167 152 147 140 3 17
4 523 505 487 477 477/433 5 5
5 379 357 337 334 314 4 15
6 425 408 391 385 340 4 1
7 392 374 356 346 310 4 7
8 203 189 175 166 149 3 13
9 432 418 404 397 348 4 11
OUT 3,529 3,353 3,195 3,130 2,876/2,832 36  
10 419 405 389 384 306 4 4
11 435 415 398 381 342 4 10
12 168 155 143 143 130 3 18
13 523 508 493 493 493/400 5 8
14 397 379 361 356 327 4 2
15 386 368 350 342 298 4 16
16 216 203 189 186 166 3 14
17 540 524 504 494 455 5 6
18 434 418 392 385 337 4 12
IN 3,518 3,375 3,219 3,164 2,854/2,761 36  
TOTAL 7,047 6,728 6,414 6,294 5,730/5,593 72  
コースレート 73.4 72.0 70.6 70.0 73.2/72.4  
スロープレート 131 128 125 124 127/126  

Cグリーン(CY2)

HOLE CHAMPION
TEE
REGULAR
TEE
FRONT
TEE
GOLD
TEE
LADIES
TEE
PAR HD
CP
1 419 399 379 374 334 4 9
2 557 519 497 487 447 5 3
3 178 165 150 143 136 3 17
4 509 491 473 463 463/419 5 5
5 357 335 315 312 292 4 15
6 403 386 369 363 318 4 1
7 370 352 334 324 288 4 7
8 200 186 172 163 146 3 13
9 421 407 393 386 337 4 11
OUT 3,414 3,240 3,082 3,015 2,761/2,717 36  
10 397 383 367 362 284 4 4
11 414 394 377 360 321 4 10
12 161 148 135 136 123 3 18
13 512 497 482 482 482/389 5 8
14 392 374 356 351 322 4 2
15 356 338 320 312 268 4 16
16 197 184 170 167 147 3 14
17 507 491 471 461 422 5 6
18 423 407 381 374 326 4 12
IN 3,359 3,216 3,059 3,005 2,695/2,602 36  
TOTAL 6,773 6,456 6,141 6,020 5,456/5,319 72  
コースレート 72.1 70.7 69.2 69.2 71.3/70.5  
スロープレート 128 125 122 122 124/122  

コースの特長

コースの設計・監修は、日本のゴルフ場設計の第一人者として知られる井上誠一氏。その井上氏が40代後半、コース作りに一番意欲旺盛だった時期に手掛け、のちに「円熟の傑作」と称されるゴルフコースが龍ヶ崎カントリー倶楽部です。

「この18ホールを攻略するためにはプレーヤーはあらゆる種類のショットをマスターしなければなりません。ですから、龍ヶ崎カントリー倶楽部で腕を磨けば、どんなコースへ行っても恐れることはないでしょう」と井上誠一氏自身が語っています。
実際に各ホールとも変化に富んでおり、すべてのショットで充分作戦を練って征服しなければならず、したがって何度プレーを重ねても新鮮味を失わないレイアウトになっています。近代的な戦略主義に則り緻密に計算し尽くされたデザインで、パープレーはなかなか困難ですが、ワンオーバーパーは比較的やさしく取れる設計です。

コース設計の計画書において井上誠一氏本人も「恵まれた立地条件・環境に加える美しい造形手法によって、プレーヤーは天国に遊ぶ心持ち、真に生甲斐を感じるでありましょう」と残しています。また「田野辺薫の名コースめぐり」にも「井上自身も、挙げるとすれば会心作は龍ヶ崎CCと言うはずだ」という紹介があります。

TOPに戻る